新着情報

コンセントの増設工事の種類や価格相場についての紹介

 

たこ足配線のようになってしまった、ライフスタイルが変わった、使いたい場所にコンセントがなかった。
そんな時に検討したいのがコンセントの増設工事です。
今回はコンセントの増設工事の方法や種類、気になる価格相場についてまとめました。

 

・コンセントの増設工事方法とは

コンセントの増設工事の方法は、配線工事、コンセント取り付けといった流れで行われます。
基本的に危険な作業も多いため、電気工事士の免許がないと行えない決まりになっているのが特徴です。
まず、配線工事は近くにあるコンセントの配線を延長して配線を引くか、
新規にブレーカーなどがついている分電盤から専用の配線を引くといった方法で行われます。
基本的に近くの配線を延長する方法がとられますが、
消費電力の大きいものは専用の配線を分電盤から新規に引く方法で行われます。
こういった事情から、どんなものを使用するのかといったことを想定して増設を依頼する必要があるのです。
また、壁の中に配線を引いたり、壁の外に配線を通す露出配線などを行ったりします。
次にコンセント自体を取り付ける流れです。
エアコンなどの電気を供給する場合は、
一般的にイメージするようなコンセントとは異なったコンセントを取り付ける場合もあります。

 

・コンセント増設工事の種類とは?

コンセントの増設工事にはコンセントの差込口を増やす工事とコンセントを新しく設置する工事に分けられます。
コンセントを2つ穴のものから、
それ以上のものに変更するなどのタイミングではコンセントの差込口を増やす工事が行われます。
既存のコンセントを分岐させて、新たに増設することで自宅の利便性が増すのがメリットです。
しかし、電力は先ほど触れた近くのコンセントから配線するのと同様変化しないため、
エアコンなど大容量の家電に使用できない場合があります。
コンセントを新しく設置する工事は、分電盤から専用のコードを引いてコンセントを増設する工事です。
まったく新しいコンセントを増設するために電力はアップするため、
利用する家電を選ばずにコンセントを利用できるのがメリットです。
ただし、分電盤に空きスペースがない場合は、新しく容量を増設するなどの作業も追加で行われます。
これら以外にもコンセントのボルト数の変更工事などもコンセントの増設工事に並行して行われる場合があります。

 

・気になるコンセント増設工事の費用相場

コンセントの増設工事はおよそ5,000円から8万円程度と幅があります。
安価に済ませられる増設工事は、コンセントやスイッチの部分を更新するだけの工事です。
先ほどの2穴を3穴にするといった工事が挙げられ、これは約5,000円程度で行える増設工事になります。
近くの配線からコンセントを増設する工事は約1~2万円程度の費用が相場になります。
配線の距離や建物の状況によって費用が変わります。
分電盤から専用のコードを引いてコンセントを増設する場合は、約1.5~3万円程が相場です。
工事の工数が増えることや分電盤の工事もあるため、費用が増します。
約8万円程度かかるのが、分電盤自体の変更が必要なコンセントの増設工事です。
分電盤の余裕がなかったり、分電盤自体が古く、交換が必要だったりした場合に分電盤の交換も伴うからです。
このように費用に差があるため、あらかじめ見積もりを受けましょう。

 

まとめ

コンセントの増設工事には様々な種類があります。
工事の方法はシンプルで、配線工事とコンセントの設置という二つの作業で主に行われます。
しかし、分電盤自体の変更を伴う場合は、費用も必要な作業時間もかかるので注意しましょう。
そうすることで快適なコンセント増設工事をうけられるはずです。

堺市の電気工事はEcxis infinity合同会社にお任せ下さい。


会社名:Ecxis infinity 合同会社

住所:〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁242-2

TEL:【代表直通】090-8533-6615 【事務所】072-343-2204

FAX:072-343-2204

営業時間:8:00~18:00 定休日:日曜日

対応エリア:堺市を中心とした近畿圏内

業務内容:特高・高低圧受電設備工事、プラント制御工事

pagetop